浮気しなくても性病になる事がある

性病と言うと、不特定多数の人と関係を持った時に発症するイメージがありますが、自分自身が浮気をしていなくても性病になる可能性があります。
その一つが、相手が浮気した場合です。
ただ、こう言ったケースの他にも感染してしまうことがあるのです。

例えば、女性が抗生物質等を飲み、自己免疫が低下した時等に発症してしまうのが、カンジタです。
カンジタは人から人へと感染することもありますが、自ら発症してしまうこともあるのです。
この他、毛じらみはタオルを共有することで発症してしまうことがあります。

タオル例えば、サウナ等で敷いてあるタオルを介して、他人に毛じらみをうつしてしまうこともあるのです。
毛じらみの感染力は強いので、思わぬところで感染してしまうことも考えられます。
この他、HIVは血液を介して感染するため、カミソリや爪切りを共有することで感染することもあるのです。

また、現在はなくなりましたが、かつて医療器具の使い回しや輸血によっても感染したことが過去にありました。
よって、必ずしも性行為によって感染する訳ではないのです。
しかし、性行為によって感染する性病が多いのも事実なので、避妊具を使う等して最低限の予防策を行うことが大切です。

おすすめ記事