大衆浴場などでの感染症の危険性

大衆浴場大衆浴場などでの感染症の危険性はあまり高くありません。
最もよく知られたものは、在郷軍人病です。
これはレジオネラ菌を含んだ浴場の空気を吸い込むことで発症する肺炎です。
浴場のお湯を循環させる配管やお湯をためておく槽などでレジオネラ菌が繁殖し、空気中に広がることが原因です。
他の病気と同じで抵抗力の弱っている人は感染しやすくなります。

他に一般的なものには水虫があります。
特に大衆浴場などは湿気の多い場所なので、出入り口のマットなどは水虫の菌にとって棲みやすい場所になっているのです。
浴場の床などに接触した後は、足を洗ったり拭いたり、よく乾燥させることが感染防止に役立ちます。
ごく稀にはヘルペスや淋病に感染することもあります。
風呂場の床や椅子、タオルなどにウィルスや菌が付着していて、そこから感染する可能性がないわけでもないからです。

トリコモナスや毛ジラミといったものも、通常は性感染症として分類されていますが、やはり下着やタオル、便器などから感染することがごく稀にあります。
あまり神経質になるのもよくありませんが、体調が悪く抵抗力が落ちているときは用心したり、お湯以外で性器など粘膜の部分が直接触れる物には注意するに越したことはありません。

おすすめ記事